休日のハゲ

 一歩も外に出ず、土曜日が終わった。

後悔はしていない。
だいたい休みの日はこうなのだ。

 

今日はYouTubeで小沢健二を聞いていた。

彼が「ラブリー」とか言って浮かれていたのは、もうだいぶ前。
俺が小学生か中学の頃だから、20年ほど前だろう。

 

小沢健二は、ここ何年もTVに出てこなかった。
それが最近、ミュージックステーションに出てきたとかで話題になっていた。

 

小沢健二には期待していた。

「やつは絶対ハゲるだろう」と。

彼は若いときから薄かった。
同士だと思っていた。

何年もオモテに出てこなかったのは、「ハゲたから」だと確信していた。

しかし。
「TVに出てきた」ってことは、もしや…。

 

裏切り

震える手で検索窓に「小沢健二」と入力。
数ヶ月前に「小沢健二」と入力すると「小沢健二 ハゲ」とサジェストが出ていたのに、出ない。

 

裏切ったか、オザケン。

 

エンター押しました。

 

はい。ハゲてません。
ブルータス、おまえもか。

 

老けてはいるけどハゲてはいない。
フサではないが、断じてハゲではない。

 

やっぱ東大は違うね。

 

ハゲてない東大。やっぱ違うね。勝ち組は。
老けてたっていいんだよ。ハゲてなければ。
東大じゃなくてもいいんだよ。ハゲてなければ。

 

ハゲの低学歴は死ぬしかないのかッ!

 

ああ、世も末だ。

渋谷系の王子が悲惨系の坊主に変わり果てるのを見たかった。
「同士よ」「ブラザー」と心の中で握手したかった。

 

疑念

若いときのオザケンの動画を見る。
薄暗い部屋で、延々と小沢健二の動画を見る。

やはり、ハゲるはずの同士ヘッドであることに疑いはない。

どんな魔法を使って維持したんだ?

消えてた数年は、AGA治療とやらをやってたのかもしれない。
治療が完了して、髪が生えたからテレビに出てきたのか?
植毛って手もありそうだ。金はありそうだからな。

どちらにせよ小沢は、同士ではなくなった。
小沢は「ハゲ絶対不可避」の運命と戦い、勝ったのだ。

 

俺の中で、オザケンは、同士ではなく「目標」に変わった。

わかった。俺も戦うよ、健二。
ハゲを治し、王子になろう。

 

少し前向きになった土曜日でした。

 

って、もう日曜か。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です